copy2017

http://copy2017.com/

ジャガー・ルクルト「I型」陀はずみ車の世界の時に腕時計

ジャガー・ルクルトがいつも展を表して必ず発表される高くて複雑な大著があって、これは数年来の慣例です。2017年にジャガー・ルクルトの鎮店の宝はこの世界の標準時区陀はずみ車です。この腕時計はジャガー・ルクルトの初めてが世界の標準時区と陀はずみ車を結び付けるので、ジャガー・ルクルトはなぜ選んで地球物理天文台のシリーズで出すのか、苦心に苦心を重ねたのと言えます。実はこの作品の原形は2015年に現れて、その時は香港で時計展の上で登場するので、しかし新しい作品は元からある世界で標準時区機能の上でジャガー・ルクルトの最新の開発する「I型」陀はずみ車を増加したので、更に元からある青い海洋の図案の盤面の上で加入機械は刻んで紋様に扮して、その上地球物理天文台のシリーズはジャガー・ルクルトの多種のチップ技術に累積して、機械を含んで表して1秒の構造などを跳んで、なぜ高くて複雑なことと称するのか、主にジャガー・ルクルトため長年集めて蓄える表を作成する技術をすべてこの腕時計の中で置いて、会えたのは人のはなやかなのを世界の標準時区の顔立ちに盛り上がるだけではなくて、甚だしきに至っては陀はずみ車も盤面が引き続き回しに従って、以前の時計の謎よく知っている伝統陀はずみ車に比べて、まったく勝るとも劣らないのは賛嘆します。

f:id:copy2017:20170518104551j:plain

もしかすると目ざとい表す謎はジャガー・ルクルトの陀はずみ車が以前見たことがある陀はずみ車と異なっているようなことを発見して、この出現は陀はずみ車の中のI型で車輪を並べて、最初2007年MasterCompressor Extreme LAB1概念でモデルの中で表しが現れて、それから2015年香港の時計展の上で出した地球物理天文台のシリーズの腕時計はGyrolabを引き続きそのまま用いて車輪を並べて、2016年にジャガー・ルクルトはReversoGyrotourbillon体で運用して、今回の腕時計は更にこのシリーズのに続いて表を作成してDNA、陀はずみ車のが動く中からGyrolabを鑑賞して車輪を並べることができます。このI型が車輪を並べるのは外形のために直すではなくて、実際にはこれはジャガー・ルクルトがすでに長い技術を研究開発するので、よくある環状の揺りアームから「I型」揺りアームに変えて、その最大の相違は空気抵抗を下げたのにあって、空気抵抗はチップの部品の磨損をもたらして、そのためジャガー・ルクルトは環状をキャンセルして、面積の大きすぎる並べるのが順番に当たって空気摩擦の確率を増加するとため、改良を経た後Gyrolabは車輪を並べて外形の上でもっと簡単に精錬するのに見えるだけではなくて、更にジャガー・ルクルトの“JL”をチップ設計に変わりに表して、それによって彼らの家が表を作成する技術のが絶えず改善するのとに対して消えるブランドDNAを拭くべきものがないをの体現します。

f:id:copy2017:20170518104615j:plain

f:id:copy2017:20170518104619j:plain

対比して2015年の世界の時モデルを表して、2017年に世界を出した時陀はずみ車は時計の文字盤の上に何時に著しい変化があって、41.6mmが増大して43.5mmに着く外から小道を表すを除いて、顔立ちの中央のコンベックスの世界の地図も機械を増加して刻んで紋様に扮して、その上時間も変化を行ったのを表示して、時標識皿は都市皿と位置を交換して、最も外側のコースは世界の標準時区GMT時の標識皿で、その次に標準時区の都市皿で、もしも2015年の時計の文字盤と比べて、まず時計の文字盤の芸の精致な度が高まったのが多い;その他に微調整して現すだ時位置、つける者にしかし更に直覚がコントロールさせます。最後に最も人の密偵の公転の飛行する陀はずみ車(しかもその上で使用Gyrolab振り子の車輪)を奪うで、首尾一貫しているアップグレード、謎を表して今回のジャガー・ルクルトの重要人の進化の過程が見えるのを譲ります。 この腕時計のチップはCal.です948,338粒の部品、および安定的なのはしきりに28震動して、800vph,でもこのチップは最も取り上げる価値があって、ちょうどの前で文の話題にしたGyrolabは並べて順番に当たって、世界の標準時区機能があって、背後の底がかぶせて22K金の自動皿が見えることができる、上から精錬する効率普通自動皿に比べてもっと来る有効エネルギー、しかも22K金の色を合わせる譲ります人の目の1明るい、その上、ジャガー・ルクルトの看板のサイドオープンの自動皿、ただ鑑賞するチップ行う動くある1回の興味。

f:id:copy2017:20170518104643j:plain

通常状況で、陀はずみ車の大きい部分は6時に位置して、しかし、ジャガー・ルクルト2017年SIHH見得のこの世界の時陀はずみ車、最も人に驚喜させたのは顔立ちの公転する陀はずみ車を巻いていて、顔立ちの配置と2015年の香港の時計展の世界の時に少し似ていて、しかし時計の文字盤の海洋の図案は機械に参加して刻んで紋様に扮して、都市皿は時間と盤面の位置も互いに交換して、時、分針の簡潔な配置陀はずみ車の小さい秒の指示によく合って、人に首尾一貫していてジャガー・ルクルトの表を作成する技術のの集大成したのが行うまで(に)鑑賞させます。この腕時計がプラチナの金の材質を採用する、100制限する、運用が自分で作ってGyrolabが車輪の設定を並べて更に突然このトップクラスの水準を現す。

 

 

ジャガールクルト スーパーコピー|ジャガールクルト スーパーコピー時計激安専門店!