copy2017

http://copy2017.com/

【セイコー】日本のタブ発展史の根源を明らかにする

2世の閉鎖後、1853年日本国境を開放、国際貿易となり、外来者に占領の全く新しい市場。1860年には、約ごじゅう家から纳沙泰尔のタブ商構成の時計連盟(ユニオンHorlogèレウォン)横浜開設商栈歴史が始まり、日本タブ業。

f:id:copy2017:20170228155218j:plain

 

西川佑手紙(1671-1750)について「美人時計」と絹の絵画、じゅうはち世紀前半
今の日本は封建時代に江戸現代明治時代に移行して、しかし、このような変化は令スイス時計輸出に挑戦して何分の削減。欧米諸国とは昼夜24等分し、それぞれ等分一時間での計量の「定時法」と違い、日本の採用のは「定時法」(サンセットサンライズ判断時間に頼って、昼夜等分カウントダウン6)制度。まさにこのためが原因で、日本人は同様に尊重スイス表の機械造詣が、更にその傾向は「悪質な計略」とし、非指示時間の有効なツール。現地に時計の需要はきわめて低くて、商栈行き詰まり、最終1863年ななしち月工場を閉鎖する。

http://www.copy2017.com/list/39

 

f:id:copy2017:20170228155236j:plain

Aimé Humbert(1819-1900) 肖像

 

でも、最初の失敗は阻止時計連盟の主席のAim E Humbertの歩み。1864年、スイス連邦委員会(Swiss Federal Council)に任命Aim E Humbert率いる外交代表団は日本へ、そしてと江戸政府友好条約の貿易。そのため、2014年はスイスと日本両国国交正常化150年でし、2014年はと日本と日本との国交正常化で150年にあたる。http://www.copy2017.com/list/165

 

f:id:copy2017:20170228155256j:plain

日本Mitsousi絹貿易店

 

1873年、日本は西暦紀年と24時間の時間を採用して、1873年、1873年、1873年になりました。は突然、時計という実用ツールは気を吐く、日本の高速発展の鉄道システムも時間計測需要を出して。じゅうく世紀末、日本経済の成長を輸入スイス表に提供したパワーで、それでも、当時は少数のトレーダーは日本にも取引スタック、しかも時計貿易だけを占めて1の小さい部分。にじゅう世紀初頭、持ち歩いて表が正常で、市場の需要量は増大して、もっと日本で開設取引トレーダーを囲い、地元の大商人も始めから直接スイス輸入時計。

http://www.copy2017.com/list/166

f:id:copy2017:20170228155313j:plain

Fran C ois Perregaux持って日本の芝柏懐中時計、約産1875年

 

一つの業界の誕生
輸入スイス表を主導した地元の市場で、同時に、日本も設立の産業発展のタブ。日本-カリフォルニア合弁Otay Watchの枝に設立され、1889年の大阪時計製造有限公司(Osaka Watch Manufacturingされ.)最初になって発売シリーズ懐中時計の製品の会社。1877年、時計職人やジュエリーメーカー服部金太郎は京橋採女の町に開い時計修繕が、その後1881年銀座に服部時計店を構築し、ついに1892年セイコー舎(Seikosha Clock Factory)、これはセイコー会社の前身。最初、セイコー掛け時計掛け時計は1895年、会社の業務はすでに懐中時計を広げた。http://www.copy2017.com/list/167

f:id:copy2017:20170228155328j:plain

日本の古いWadokeiや時計

 

次の十年間、日本は時計メーカーなどが続々と登場雨後の筍ように含め、愛知時計&電子機器メーカー、明治時計、尾張精密時計メーカーや懐中時計メーカーなど。1899年、日本貿易保護主義政策を打ち出し、国産表深くその益、迅速な輸入に取って代わって表の地位。1913年に発売し、日本初の国産時計セイコーLaurel。五年後、シチズン時計会社設立。日本の時計業は急速に拡張し、繁栄に向かって、第二次大戦蹂躏生産が麻痺している。

http://www.copy2017.com/list/168

f:id:copy2017:20170228155342j:plain

Seiko Laurelセイコー制作の日本一枚の国産の腕時計

 

戦後日本は再建、製表業もそうだっ。1947年、日本の時計協会は設立、日本の生産の時計は世界をマーケティングする。翌年、日本経済の安定化委員会(Economic Stabilization Board)制定したビジネスを制の五年計画を通じて、しかし機械自動化生産量を三年、五年計画最終繰り上げ達成。朝鮮戦争(1950-1953)を前に、時計の生産量はすでに日本と世界市場の需要量はかなり。朝鮮戦争とベトナム戦争(1964-1975)日本がその時期の主な時計の輸出国。http://www.copy2017.com/list/169

f:id:copy2017:20170228155353j:plain

B e ta 21クォーツ腕時計、1970年

石英から機械まで
20世紀80年代、機械の計時の発展はすでに終わりまで歩いているようです。電子、石英と原子時間の測定の出現は最終的に1967年“秒”の定義の更迭を招いて。その時間測定の革命的変革を基礎に、1969年クリスマス、セイコーウオッチ発売が世界初のAstronクォーツ腕時計。翌年、スイスB e ta 21製品クォーツ腕時計登場バーゼル表展。その後、製表業は機械的伝統、電子石英。この傾向はスイス機械タブ混んで神棚になると、日本は世界の電子時計の指導者。http://www.copy2017.com/list/170

f:id:copy2017:20170228155405j:plain

大seiko腕時計、1960年

 

これからの物語は。20世紀80年代末90年代初頭、機械表ファンとコレクターは伝統製表の回帰を呼びかける。日本はこのタイミングをつかんで、また掌握する技術に組み入れました。1988年に発表したSeiko Kinetic腕時計は電気と機械の融合の結晶。その仕事の原理から生まれるさらなる伝統自動巻きシステムを通じて、腕の振り装着者生まれ、ストレージ電気。日本サマリー製表とヨーロッパサマリー業とともに20世紀末機械製表の復興を目撃している。グランSeiko登場は1960年には、ブランドのスターシリーズは、2007年に上陸ヨーロッパ市場。今のような昔、日本タブ業は準備してチャレンジして、そしてとスイス機械タブを競う。

http://www.copy2017.com/